助産師会のご案内

公益社団法人日本助産師会は、助産師相互の親睦と職業的地位の向上を図るとともに、専門的学術の研究につとめ、合わせて保健指導に関する知識の普及並びに家族保健及び母性保護の改善に貢献することを目的とした、国内における助産師独自の職能団体です。

一般社団法人福島県助産師会は7つの地区会(福島会, 郡山会, 須賀川会、白河会, 会津会,いわき会、 相双会)によって構成されています。会の運営は役員5名(会長, 副会長, 常務理事, 専務理事)及び監事2名によって行われています。

助産院(助産師)ってどんなところ?

「助産師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいいます(保健師助産師看護婦法より)。助産師は、助産師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなくてはなりません。

助産師はどんな仕事をしているの?

生命の誕生に、深くかかわらせていただく専門職です。正常なお産については、助産師が介助できます。妊娠中から健康状態を高めて自然力を最大に発揮し、安全で満足のいく出産や人生のスタートとなるような支援をめざしています。親子や家族の絆を育む育児を応援いたします。⊂(^・^)⊃

妊娠・出産・授乳期の育児を中心に、思春期から更年・老年期まで全ての女性の健康支援 者として、頼りになる身近な存在でありたいと願っています。

助産師はどこにいるの?

現代では、医療機関で出産される方がほとんどです。医師と連携をしながら妊娠・出産・新生児期のケアを行うために、病院や産婦人科医院に勤務しています。

県内において数少ないですが、助産師業務として認められているケアを独自に提供する 助産所、ご自宅まで伺う出張開業助産師もいます。

妊産婦訪問や乳幼児健診など、市町村行政の母子保健サービスの一端を担う助産師もいます。子育てをはじめとする女性の健康支援のために、地域の中でも活動しています。

福島県における平成22年12月末の就業助産師数は436名。そのうち病院や産婦人科医院に勤務する助産師は89.0%であり、地域の中で活動している助産師はわずか5%でした。

助産院ってどんなところかな?

女性が主体的に健康に向かえるよう支援しています。助産院では緊急時を除き医療行為はありません。出産ができる所、母乳育児支援を専門としている所、産前産後の保健指導や育児支援・思春期教育をしている所など、内容に違いがあり、出張のみという助産所もあります。

いずれも、生活の延長としてアットホームな雰囲気で、個々を大切に心の充実につながる支援をしています。

一般社団法人福島県助産師会入会入会のご案内

福島県内にお住まいの一般の方、または福島県内に勤務されている助産師で、公益社団法人日本助産師会及び一般社団法人福島県助産師会の活動にご賛同いただける方の入会をお待ちしています。入会に関するお問合せ、申し込みは下記にお願いします。

〒960-8141 福島県福島市渡利岩崎町19-2
一般社団法人福島県助産師会
電話:024-573-0211(FAX共通)

年会費は、本部会費15,000円、県会費5,000円+互助会費300円、初年度のみ入会金10,000円の合計30,300円です。初年度の会費は県助産師会を通して現金で支払い、次年度より自動引き落としになります。

活動報告

電話相談70件、母乳の放射能濃度検査申し込み0件、妊婦および母子訪問96件、助産院における母乳育児支援60件、産後宿泊ケア2組(延べ8日間、平均4.0日間)、産後日帰りケア4組(延べ4日、平均1.0日間)、アウトリーチ型産後ケア0件、子育てサロン0回0組(自主企画等を含む)でした。お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成31年4月~令和2年3月までの実施報告です。

電話相談841件、母乳の放射能濃度検査申し込み4件、妊婦および母子訪問1113件、助産院における母乳育児支援876件、産後宿泊ケア28組(延べ95日間、平均3.4日間)、産後日帰りケア74組(延べ120日、平均1.6日間)、アウトリーチ型産後ケア4件、子育てサロン197回2386組(自主企画等を含む)でした。

令和元年度 2月までの実施報告です。

電話健康相談783件、母乳の放射能濃度検査申込み4件、妊婦及び母子訪問1057件、助産院における母乳育児支援810件、産後宿泊ケア27組(のべ92日間、平均3.4日間)、産後日帰りケア 73組(のべ119日間、平均1.6日間)、アウトリーチ型産後ケア4件、子育てサロン197回2386組(自主開催等を含む)でした。

令和元年度 1月までの実施報告です。

電話健康相談732件、母乳の放射能濃度検査申込み4件、妊婦及び母子訪問994件、助産院における母乳育児支援737件、産後宿泊ケア26組(のべ89日間、平均3.4日間)、産後日帰りケア 71組(のべ116日間、平均1.6日間)、アウトリーチ型産後ケア4件、子育てサロン178回2172組(自主開催等を含む)でした。

一般社団法人福島県助産師会の組織

役員

役 職役員名
代表理事(会長)小谷寿美恵
理事(副会長)江井雅美
理事(副会長)野地妙子
理事(常務理事)草野祐香利
理事(専務理事)石田登喜子
監事貴家和江
監事大和田智子
会津会 会長渡部照子
いわき会 会長門馬美那子
郡山会 会長

横田百合

白河会 会長生方恵子
須賀川会 会長

鈴木千保

相双会 会長渡部恵津子
役 職役員名
助産所部会 会長佐藤富美江
勤務助産師部会 会長門馬美那子
保健指導部会 会長草野祐香利
ふくしま子育て・女性健康センター長旭香織
ふくしま助産所 管理者小谷寿美恵
教育委員長石田登喜子
安全対策委員長江井雅美
災害対策委員長三瓶優理
広報委員長野地妙子

寄付のお願い

現在も震災や原発事故のため、福島に住むお母さんは不安な状況の中で生活しています。周囲のサポートも少なく、多くのお母さんは疲れきっています。そして、お母さんの不安は赤ちゃんの不安へとつながっていきます。

「助産師として、被災したお母さんと赤ちゃんの力になりたい」。

そんな思いから、福島県助産師会のメンバーは、家庭訪問や助産院での母子へのケア、子育てサロンの開催をはじめました。特に『会津助産師の家おひさま』は、福島県内でも放射線量の少ない地域へ避難したいと考える方のために、新しく設けられた場所です。24時間助産師が関わり、実母のような温かさで専門的なお世話をしています。

サポートを必要とするお母さんと赤ちゃんがいる限り、精一杯活動を続けていきたいと思っています。そのために、皆さまの温かいサポートをよろしくお願いいたします。

使途
ご寄付は、福島県助産師の活動及び『会津助産師の家おひさま』における事業を行うための運営費と助産師人件費に充てます。

  1. 助産師の家庭訪問、子育て相談(電話での相談含む)
  2. 産後の母子の入所ケア(宿泊滞在ケア)
  3. 子育てサロンの開催

口座

東邦銀行
渡利支店
普通預金  399169
口座名:シヤ)フクシマケンジヨサンシカイ

ゆうちょ銀行
記号:18230
番号:22633351
店名:八二八  店番:828
普通預金 口座番号:2263335
口座名:シヤ)フクシマケンジヨサンシカイ

※領収書をご希望の方は助産師会までご連絡ください。なお、寄付金控除の対象にはなりません。