産後入院(宿泊型産後ケア)

産後入院のご案内

平成29年度4月から宿泊ケア・日帰りケアは市町村事業となり、各市町村の承諾が必要です。ケア対象者・料金(自己負担額)・利用限度等は市町村によって異なりますので、詳細はお住いの市町村までお問い合わせ下さい。

  • 内容:母乳育児支援、赤ちゃんのお風呂、赤ちゃんの観察、母体回復状態の観察

    福島県外の方の利用については全額実費負担となります。
  ※ ご利用を検討中の方、施設見学が出来ます。
    スタッフがご案内します。お気軽にどうぞ!
  ※ 詳細についてはお問い合わせ下さい。

産後入院の費用は内閣府の少子化対策の予算が使われています

平成26年度産後ケアは内閣府の少子化対策のひとつとなり、福島県はこれを受けて福島県助産師会に委託し、福島県委託事業として予算化されました。

H29年度からは市町村事業となり、ケア対象者・料金(自己負担額)・利用限度日数等は市町村によって異なりますので、詳細はお住いの市町村にお問い合わせください。

入院時にご用意していただくもの

  • ねまき
  • 下着
  • ナプキン類
  • ティッシュペーパー
  • バスタオル・タオル
  • 洗面用具・入浴道具
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • おむつ
  • 赤ちゃんのおしりふき
  • 赤ちゃんの衣類(3組程度)
  • ミルク(完全母乳に移行するまでの期間に適宜必要となります)
  ※ その他、詳しい資料をご希望の方はおひさままでご連絡下さい。