おひさまアルバム

おひさまがリニューアルしました(2014/12/17)
クリックで拡大

おひさまの外壁をピンク色に、屋根をワインレッドに塗り直しました。利用する方にも分かりやすい外観になりました。イメージとしては『命を育む温かい子宮』をピンク色に例えました。
2階の部屋の窓は、車などの騒音対策と寒さ対策のため二重にしました。内側はくもりガラスです。

救急救命士による救急児の対応の講話(2014/07/25)
クリックで拡大

7月25日(金)ねんねちゃん子組のクラスでは、猪苗代消防署にて救急時の対応についての講話と実技を10組のお母さんと赤ちゃん、お父さんと一緒に勉強してきました。

救急救命士さんが講話で、乳幼児で多い事故は、誤飲による窒息、転落等のケガ、水の事故だそうです。その多くは日常生活の中で十分に注意することで予防できると話されていました。

乳幼児の応急手当として救命処置の流れの話を聞き、全身の観察、心臓マッサージ(胸骨圧迫)、人工呼吸、気道異物除去の方法を実技を通して学びました。

参加されたお母さん達からたくさんの質問もあり、みんなで学びを深めることができたと思います。

七夕会をしました(2014/07/02)
クリックで拡大

子育てサロンあんよちゃん子組で7月2日に七夕会をしました。親子で七夕飾りを作り楽しい時間を過ごしました。

乳歯の手入れについての講話をしました(2014/06/27)
クリックで拡大

子育てサロンねんねちゃん子組で6月27日に歯科医師による乳歯の手入れについての講話がありました。とても分かりやすい内容でお母さん達からも沢山の質問がでて有意義な時間が過ごせました。

11月28日(金)にも乳歯の手入れについての講話があります。お子さんの歯のお手入れに悩んでいるお母さんぜひいらしてください。またおひさまでは歯の手入れの相談も受け付けています。おひさままでお問い合わせください。

かわいい座椅子をいただきました(平成26年6月)
クリックで拡大

スタッフのためにとかわいい座椅子をいただきました。大切に使わせていただきます。

おひさまアルバム(平成25年)
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
おひさまアルバム(平成23年〜平成24年)※移転前のおひさまです
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

ご利用者さまの声

利用期間4日間(2015.03.31)

4月から保育園に預けるため、日中はミルク、夜はおっぱいの生活を自分なりにしてみましたが、全くミルクを飲んでくれない…。保育園に預ける焦りと何でミルクを飲んでくれないんだろう…と悩んでいました。助産師さんに電話で相談をしました。

入所中は、仕事のこと、育児のこと、いろいろ話を聞いていただきありがとうございました。おひさまで学んだことは私も息子も忘れません。心が折れそうになったときもそばにいてくれてありがとうございました。またおひさまに遊びにきます。

利用期間13日間(2015.03.31)

初めての出産・育児になります。私は、双子を出産し、病院でおひさまを紹介していただきました。出産後病院で母児同室となったとき、授乳、搾乳、色々な飲ませ方…これから私は不安なく育児ができるかどうか…心の奥でモヤモヤしていました。入所してからもまだその感情は続いていましたが、1週間経った頃、助産師さんの熱心な支えと、きめ細かい助けで、不安は徐々に取り除かれていったようです。「わたしできるかも!」と少しばかりですが自信がついてきました。やはり、双子の育児は誰かの支え、助けなしには難しいと思います。

家に帰ったら今度は自分で考えて、育児をしていくことになりますが、頑張りすぎず、ゆったりと構えて双子とともに成長していきたいと思います。おいしいご飯、穏やかな空間をありがとうございました。

利用期間5日間(2015.03.31)

産後1ヶ月が経ち、抱っこもおぼつかない、お風呂にも一人で入れる自信がない、不安なことが増えていくばかりで、里帰りから帰って大丈夫なのかと、日々悶々としていました。

そんな時育児相談訪問のことを知り、来ていただいいろいろアドバイスしていただき、訪問してくれた助産師さんと話をするだけで安心するのがわかりました。おひさまを勧めていただき入所を決めました。入所してからは、マンツーマンでいたれりつくせりケアをしていただきました。里帰りで実家にいても、気を遣ったり、何となく居心地がわるかったり、底になれない育児でかなりのストレスがたまっていました。おひさまでの滞在はそういう意味でもかなりリフレッシュできました、日替わりで助産師さんが替わるので、いろんな情報やお風呂の入れ方、抱っこの仕方一つとっても様々なやり方を勉強することができました。病院、本、ネットでは学ぶことのできないことがたくさんあり、もっと早くもっと長い時間お世話になればとかったなぁと思います。

こういう産後ケア施設がもっと増えてもっと利用する方が増えればいいなと思います。体だけでなく心も休める大切な施設。ずっとずっと続けてほしいと思います。育児頑張ります。ほんの少しですが自信が持てるようになりました。

利用期間13日間

出産後病院からまっすぐにおひさまに来てお世話になりました。おっぱいも赤ちゃんが吸える状況ではなく…赤ちゃんのお世話も授乳の仕方もわからないままおひさまでの生活がスタートしました。

母乳を絞ってもらい初めて自分の母乳をあげられたことや、夜中の授乳に付き合ってもらい、寝ているところ布団まで掛けていただいてしてもらったこと、なかなか出ないおっぱいをあの手この手で時間をかけてケアしてもらったこと、毎朝の豪華な手作り朝食、などなど挙げたらきりがないほどよくしていただきました。

こちらに入所することを決断したことは、私の人生においてまれにみるファインプレーだったと思います。おひさまに来て、おひさまのスタッフの方と出会えて良かったです。

平成26年10月

『子どもの体調が心配で旅を楽しむことが出来ず悩んでいました。途中、おひさまに立ち寄らせて頂いてマッサージをしていただいたり、優しい言葉をかけていただいたり本当にありがとうございました。おかげさまで子どもの体調も良くなり、残りの旅を楽しむことが出来ました。』

県外からの旅の途中におひさまを訪ねてこられたお母さんからお礼のお手紙をいただきました。短い時間での関わりだったのですが、おひさまとの出会いで楽しい旅を続けられことが出来たとのこと、さらに私たちの労をねぎらう言葉もいただいてうれしく心温まる出来事でした。
(おひさまスタッフ)