おひさまとは

会津助産師の家 おひさまの理念

  1. 私たちは、未来あるこどもたちのために、その保育者たる妊産褥婦さんたちへの支援をします。
  2. 私たちは、妊娠中、出産・産後のお母さんの心の安定を求め、育児への力が育つよう支援します。
  3. 私たちは、助産師専門職としての誇りを持って、母子支援に取り組みます。

おひさまとは

妊娠中、出産・産後の母子の心の安定をはかる事を目的として、子育て専門職の助産師が様々なサポートを行います。 サポート内容はこちら

続きを見る

費用の方も、福島県助産師会 などおひさまをバックアップしていただいている団体からの援助でまかなわれており低料金でご利用出来るようになっています。

会津助産師の家「おひさま」は世界的に有名な 野口英世の記念館(生家) の斜め向かいにあり、北に会津磐梯山、南に猪苗代湖を臨み、野口英世ゆかりの八幡神社(西に150mの所)や長昭寺(東に150mの所)があり風光明媚な所です。

また、周辺には会津民俗館、世界のガラス館、天鏡閣・迎賓館、磐梯山噴火記念館などもあります。是非一度、見学を兼ねていらしてください。

よく、皆さんが不自由されることが子育てサロン翁島コミュニティーセンター(0242−65−2400、猪苗代町大字三ツ和字家北725−2)は、長照寺と翁島小学校をはさむように立つベージュの平屋の建物です。


写真で見るおひさま

全ての写真を見る

 写真をクリックすると大きく表示します

クリックで拡大
どこか懐かしい雰囲気のおひさまに気軽に遊びに来てください
クリックで拡大
食事やみんなで楽しく談話したりゆったり過ごせる居心地のいい居間です
クリックで拡大
赤ちゃんを寝かせたり、体重を測ったりするところです
クリックで拡大
洋)ベットの部屋です
クリックで拡大
洋)ゆったりとしたベットの部屋です
クリックで拡大
皆様のおかげできれいなお風呂に生まれ変わりました
ゆったりと入れます
クリックで拡大
和)落ち着いた畳の部屋
クリックで拡大
おひさまでの様子
クリックで拡大
愛情たっぷりのご飯を作ってます
クリックで拡大
ある日の昼食
クリックで拡大
季節の花がきれいに咲いてみなさんをお迎えしてます
クリックで拡大
畑で採れた野菜を使って料理をお出ししています

助産師とは

妊娠や出産にかかわり、助産行為が行えます。 古くは「産婆(さんば)」、最近までは「助産婦(じょさんぷ、じょさんふ)」と呼ばれていました。 2002年3月1日の「保健師助産師看護師法」により今の「助産師(じょさんし)」と名称が改められました。

続きを見る

助産師になるには、看護師免許を取得し、助産師学校などの養成機関で1年以上の専門教育と実習を受け、それぞれの国家試験に合格する必要があります。最短でも4年はかかり、看護、助産の専門知識をしっかりと学んでいます。

助産師は、女性の妊娠、出産、産褥の各時期において必要な監督、ケアおよび助言を行い、自分自身の責任において分娩介助をし、新生児及び乳児のケアを行うことができます。このケアには予防的措置、母子の異常な状態の発見、医学的援助を得ること、医学的援助が欠如している場合の緊急措置の実施が含まれます。

助産師は女性のためだけでなく、家族及び地域社会の中にあっても健康カウンセリングと教育に重要な役割を担っています。その活動には産前教育と親になるための準備が含まれ、さらに婦人科の一部の領域、性教育、不妊相談、家族計画、更年期の支援にまで多岐に及びます。


ご利用案内

産後入院(宿泊型産後ケア・要予約)

出産後一定の期間、24時間体制で助産師によるケアを受けることができます。
母乳管理、赤ちゃんのお世話、母の身心の回復の支援など自宅に帰っても困らないように指導を受けることができます。
また、双子の母子ケア、低出生体重児退院後の母子のケアにもご利用ください。


こんな方が入院してます!!

  • 授乳の仕方
  • 乳房トラブル
  • 育児不安
  • 育児技術の習得
  • 母親の身心の不安
  • 支援者がいない

 など、種々ですがどんな方にも個別で対応しています

ゆったりした環境の中で母子共に順調に回復し、育児に自信をもち退院しています。

※ ご利用を検討中の方、施設見学が出来ます。
  スタッフがご案内します。お気軽にどうぞ!

 産後入院のページへ

デイケア(日帰り型産後ケア・要予約)

入所が難しい方には日帰りで授乳や育児支援を受けることができます。
また、母自身の身心のリフレッシュにもご利用ください。


こんな方が利用してます!!

  • おっぱいがでない
  • 赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えないおっぱいが痛い
  • ミルクの足す量がわからない
  • 体重が増えているのか
  • 赤ちゃんが泣いてばかりいる
  • 育児に疲れた
  • 卒乳の方法を知りたい

 その他、種々な理由で利用されてます。


【ご利用案内】

  • 利用時間:10時〜16時
  • 料  金:各市町村によって異なります。
  • 持 ち 物:昼食、赤ちゃんの着替え、ミルクと哺乳瓶(ミルクを飲ませている場合)、
         オムツ、おしりふき、母子手帳など
  • 利用回数:各市町村によって異なります。

子育てサロン

おひさまでは翁島コミュニティーセンターにて子育てサロンを実施しています。子育て奮闘中のお母さん!!ベビーマッサージや楽しく体を動かしていきいきと子育てを楽しみませんか?

すてきな出会いが待っています。ご予約不要です。ぜひご家族やお友達と一緒にご参加ください。

 子育てサロンのページへ

お孫教室

【製作中】

乳房ケア

オッパイが出ない、オッパイが張って痛い、オッパイが漏れる、赤ちゃんが上手にオッパイを飲めない、母乳が足りていないのではないか、、、等など、オッパイに関する不安・心配に対応します。

【ご利用案内】

  • 料  金:500円
  • 利用回数:3回までご利用いただけます
  • 来所にて対応しています

沐浴指導

赤ちゃんのお風呂の入れ方、スキンケアについて指導します。また、沐浴を実施します。

ベビーマッサージ

寝る前の赤ちゃんへのマッサージは、赤ちゃんにリラックスをもたらし、寝るまでの時間が短くなり、睡眠が深くなり、真夜中に目を覚ます回数が減り、夜泣きやぐずつきが減ると言われています。

また、免疫力や運動機能が高まるとも言われています。なによりも親子の絆を深める最高のコミュニケーションであり、赤ちゃんの生きる力を引き出し、幸福感をもたらします。

子育てサロンねんねちゃん子組で行っています。(スケジュールはこちら
また個別で教えてほしいという方はご相談ください。

産前産後の家庭訪問

産前の自分の体重が増えすぎているのではないか、または、増えていないことへの心配、足がむくむ、お腹が張っている、強度の便秘、腰痛、、、等など、生活全般の不安に対する支援をします。産み方のポイントなども指導します。産後の育児に関する疑問に対して、また、母乳育児にもっていくための支援をします。

【ご利用案内】

  • 料  金:500円
  • 利用回数:3回までご利用いただけます

育児電話相談

母親および赤ちゃんに関して、ちょっと気になる事、不安な事、心配な事、等など、何でも相談して下さい。

【ご利用案内】

  • 電話受付:月曜〜金曜 9:30〜16:30
  • 電話番号:0242−85−8303
  • メ ー ル: こちらからどうぞ
        ※ メールはスタッフが確認後にご連絡させていただきます

スタッフ紹介

助産師:二瓶律子

助産師:二瓶律子

これから結婚する女性、これから親になる皆様が、不安なく妊娠・出産・育児が出来るように、という思いで仕事をしています。出産・子育てに関する情報は、雑誌やインターネットなどからたくさん得ることはできますが、何が正しい情報であり、何を選択するべきか、戸惑うことがあるかと思います。これから母親になる女性が、これらの情報から自分自身に合ったものを選択し、実践できれば良いと思います。

誰しも妊娠・出産に対する不安を抱いていると思います。本来、妊娠・出産の知識は、親が子へと伝えてきたものでした。しかし、核家族化や人間関係の希薄化に伴い、相談できる人も少なくなっております。これは非常に残念です。

私は、人生の先輩として、昔から伝えられてきた良いもの、そして現在の新しい技術を取り入れ、助産師としての経験を通し、出産子育てについて、皆様のお役に立てればと考えています。

助産師:渡邉

助産師:渡部照子

「おひさま」に来てリラックス・リフレッシュしていただけるよう赤ちゃんとママのサポートをさせていただきます。
助産師:齊藤

助産師:齊藤美保

いろいろな手技をもった産婆さんたちがいます。赤ちゃんとふれあいおっぱいだけの生活で自然に学び吸収していってくださいね。

リンク

おひさまのホームページはリンクフリーです

下記バナー画像をお使い下さい。