ホーム > 活動報告 > イベント(会員)

イベント

一般社団法人 福島県助産師会主催研修会のおしらせ

クリニックや大学病院で新生児・小児科診察をされている東出先生が新生児訪問や乳幼児健診等で子どもを診る時のポイントを中心に、最近のトピックスなどと共に分かりやすく講義してくださいます。

新生児に関わる方、乳幼児の育児支援に関わる方、助産師のスキルアップを目指す方必見です。

〈 詳細 〉

  • 日 時:平成28年1月8日(金) 13:30〜16:40 (受付13:00〜)
  • 場 所:二本松男女共生センター 第2研修室
  • 参加費:1000円 (助産師会会員500円、学生無料)
  • 申込み:12月22日(火)までに福島県助産師会に電話・E-mailのいずれかでお申込みください。
        申込み確認の電話を差し上げますので日中に連絡の取れる電話番号を必ずご記入ください。
  • お問い合わせ:
        一般社団法人 福島県助産師会
        TEL/FAX:024−573−0211
        メールフォームはこちら

〈 プログラム 〉

13:00〜 受付
13:30〜16:30 講演「新生児・乳幼児へのケアのスキルアップ」
講師:東出 崇先生
(はぐはぐキッズクリニック院長・太成学院大学看護学部教授)
16:30〜16:40 閉会

一般社団法人福島県助産師会主催研修会のお知らせ

助産師として仕事に携わるうえで大切な基本的知識の研修会を企画しました。
産科医療補償の現状を知り医療安全についての学びを深めると共に、助産倫理について学ぶことで自分の助産師としての関わりについて振り返る機会をつくりませんか?次年度、助産師実践能力(クリニカルラダー)V申請を考えている方には、是非お勧めします。

〈 詳細 〉

  • 日 時:平成27年12月5日(土)10:00〜15:30
  • 会 場:福島県立医科大学 看護学部 S311
  • 参加費:「産科医療補償と医療安全」¥3000(福島県助産師会会員¥2000)
        「助産倫理」¥3000(福島県助産師会会員¥2000)
        *午前・午後のみ参加も出来ます。
        *昼食は各自ご持参ください。
  • お申込み・お問い合わせ
        11月25日までに福島県助産師会までお電話・メールフォームにてお申込みください。
        電話/FAX 024-573-0211 メールフォームはこちら

〈 プログラム 〉

9:40〜 受付
9:55〜 オリエンテーション
10:00〜12:00 「産科医療補償と医療安全」
講師:藤森敬也先生(福島県立医科大学産婦人科学講座教授)
12:00〜13:15 休憩
13:15〜15:15 「助産倫理」
講師:太田操先生(福島県立医科大学看護学部教授)
15:30 閉会

平成27年度 一般社団法人 福島県助産師会 通常総会開催のお知らせ

平成27年度一般社団法人福島県助産師会通常総会を開催致しますのでご案内いたします。

  • 日時:平成27年6月6日(土)13:00〜16:00
  • 場所:福島県男女共生センター
  • 住所:福島県二本松市郭内1丁目196−1
  • 電話:0243−23−8301

内容に関しましては、通常総会議案を会員宛てにお送りしましたのでご確認ください。資料の不足、ご意見、ご質問等ございましたら事前にご連絡いただくか出欠確認の葉書にご記入の上ご返送ください。

なお、総会に先立ちまして下記の通り『H27年度母子支援活動に関する申し合わせ事項の説明会』を実施いたします。

  • 日時:平成27年6月6日(土)11:00〜12:00
  • 場所:福島県男女共生センター

説明会に引き続き、総会に参加されます方には昼食を準備いたしますので5月31日までに事務所までメールまたはFAX でご連絡ください。

H27年度 一般社団法人福島県助産師会 研修会のお知らせ
〜助産実践能力認証制度 『助産記録』と『フィジカルアセスメント』〜

H27年度より助産実践能力認定制度が始まります。今回福島県助産師会では、助産実践能力習熟度段階レベルVの必修研修5つあるなかの「助産記録」と「フィジカルアセスメント」の研修を行います。

  • 日 時:平成27年7月1日(水) 10:00〜16:00(受付9:40〜)
  • 場 所:福島県男女共生センター 第2研修室
  • 住 所:福島県二本松市郭内1丁目196−1
  • 電 話:0243−23−8301
  • 内 容:10:00〜12:00「助産記録について」 講師:葛西圭子先生(日本助産師会 専務理事)
        13:00〜16:00「フィジカルアセスメント」 講師:太田操先生(福島県立医科大学看護学部教授)
  • 参加費:助産記録 2,500円(修了証・資料代含む) 助産師会会員は1,500円
        フィジカルアセスメント 3,500円(修了証・資料代含む) 助産師会会員は2,000円
  • お申込み・お問い合わせ:6月17日までに福島県助産師会事務所までメールかFaxでお申し込みください

平成26年度 一般社団法人 福島県助産師会 通常総会開催のお知らせ

平成26年度一般社団法人福島県助産師会通常総会を開催致しますのでご案内いたします。

  • 日時:平成26年6月7日
  • 場所:郡山市冨久山公民館
  • 住所:郡山市冨久山町福原字泉崎181-1
  • 電話:024-925-1500

*)今年度は会場が異なりますので、ご注意ください。

内容に関しましては、通常総会議案書を会員あてにお送りしましたので、お手元に届きましたら確認お願いいたします。また、資料の不備、ご意見・ご質問等ありましたら、事前にご連絡いただくか、出欠確認のはがきにご記入の上ご返送ください。

平成25年度 福島県助産師会 研修会のお知らせ

「福島県の母乳育児率を上げるために専門職としてできること
   〜あなたのケアによりラクで楽しい母乳育児を普及させましょう〜」

  • 講師:伊東厚子先生(日本母子ケア研究会会長-小山自然育児相談所)
  • 日時:11月9日(土曜日) 午前9時から午後4時半まで
  • 会場:福島県立医科大学8号館(看護学部棟)実習室で

プログラム・参加費・申込み等に関しましては福島県助産師会までお問い合わせください。

平成25年度一般社団法人福島県助産師会通常総会の開催

平成25年度一般社団法人福島県助産師会通常総会の開催

平成25年6月15日、福島県男女共生センターで一般社団法人福島県助産師会通常総会が開催されました。 災害対策の研修会を行った後、昨年の活動報告や今年度の活動計画、理事の選出などの議案を中心に話し合われました。 決定事項として、昨年理事だった半澤ハル子(以下敬称略)・二瓶律子が退任し、今年度は新たに以下の5名が改選により選出されました。

石田登喜子・江井雅美・佐藤妙子・塩野美紀子・野地妙子です。また監事の改選はありませんでした。
6月22日の第1回理事会で石田登喜子が代表理事を務めることが決定しています。

一般社団法人福島県助産師会事務所スタッフの紹介

今年度、福島県助産師会事務所で働かせていただくことになりましたスタッフは、石田登喜子・丹治信子・安田かづ子・小谷寿美恵・木立裕子・高野美代子・川井沙織・三瓶優理の8名です。
電話相談や母子訪問、子育てサロンの開催を行う他、助産師会員皆様の研修時のお手伝いなどもさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
 また事務員として佐藤優子が勤務いたします。

「第8回福島県産婦人科医会思春期保健研修会
並びに 平成24年度福島県産婦人科医会コ・メディカル学術研修会」のお知らせ

上記の研修会が下記のとおり開催されます。多数ご参加されますようご案内いたします。

  1. 日時:平成25年3月24日(日)
    (1)思春期保健研修会  10時〜12時〔受付9時30分より〕
    (2)コ・メディカル学術研修会 13時〜15時〔受付12時より〕
  2. 場所:ホテルハマツ 〔郡山市虎丸町10〜10 電話024-939-1111〕
  3. 対象:医師、看護師、保健師、助産師、養護教諭等性教育に関心のある関係者等
  4. 参加費:無料 昼食付き

(1)第8回福島県産婦人科医会思春期保健研修会

   テーマ『10代の妊娠と出産』
 報告 『福島県における平成23年度反復中絶状況調査』結果報告(10分)
      演者:福島県産婦人科医会常任理事 野口まゆみ 先生
 講演T 「福島県における中学生・高校生の心と性のアンケート調査」(25分)
      演者:福島県産婦人科医会常任理事 小宮ひろみ 先生
 講演U 「若者の性の現状と関わり方〜診療の現場から見えること」(60分)
      演者:広島市・河野産婦人科クリニック院長 河野美代子 先生
 指定発言 「10代の母親を支える「そだちの会・たんぽぽ」(10分)
      リプロダクティブヘルスを考える会 吉岡利恵 先生
 質疑応答(5分)

(2)平成24年度福島県産婦人科医会コ・メディカル学術研修会

 講演T 「生殖医療の現場からみた妊娠適齢期」(60分)
      演者:福島県立医科大学医学部産婦人科学講座講師 菅沼亮太 先生
 講演U 「母体血を用いた出生前遺伝学的検査について」(60分)
      演者:国立育成医療研究センター周産期センター長 左合治彦 先生

参加希望の方は申込用紙をお送りいたしますので電話またはファックスにて福島県助産師会までご連絡ください。

「子どもたちを守るための研修会」が行われました

2月24日(日)郡山ビックハートにて「子どもを守るための研修会」が開催されました。
当日は今世紀最大級!?の寒波の影響で雪の降る中での開催となりましたが、お足元の悪い中県内各地区から多くの会員の皆様にご参加いただきました。また、助産師以外にも母子保健・小児保健に関わる看護師・保健師の方々にも多数ご参加いただきました。

内容は予定していた通りに行われました。
母子手帳・放射線・予防接種と、どれをとってもタイムリーなものですぐに現場で活かせる内容でした。 また、ワークショップでは最近注目されているワールドカフェ方式で参加者全員でリラックスした中で意見交換をしたり学びを深めたりすることができました。

当会主催(共催)の今年度は今回で最後でしたが、来年度も魅力的な内容の研修会を開催予定です。
皆様お誘いあわせの上ご参加ください。

福島県新生児心肺蘇生法講習会 Aコース 開催のお知らせ

すでに会員の皆様にはメール等でお知らせしてありますように、来る3月3日及び3月17日に新生児心肺蘇生法の講習会が開催されます。
今回はいわき地方と会津・南会津地方の2会場での開催です。

  1. 日時:いわき地方…平成25年3月3日、会津・南会津地方…平成25年3月17日 いづれも10時〜16時
  2. 会場:いわき地方…いわき市総合保健福祉センター(予定)、会津・南会津地方…竹田綜合病院 竹田ホール
  3. 対象者:いわき、会津・南会津地方の周産期医療従事者(医師・助産師・看護師)
  4. 定員:いづれの会場も32名。定員を超えた場合、受講者調整させていただきます。募集締め切り後に受講の可否を連絡します。
  5. 申込期限:いわき地方…平成25年2月21日(木)16時まで、会津・南会津地方…平成25年3月7日(木)16時まで
  6. 受講料:無料。テキストは各自購入し、熟読のうえ持参。テキスト…日本版救急蘇生ガイドライン2010に基づく新生児蘇生法テキスト(MEDICAL VIEW 3990円)
  7. 申し込み方法:ご希望の方には所定の用紙と詳しい開催要領をお送りしますので、助産師会までメールまたは電話・FAXにてご連絡下さい。

なお、当日のプログラムなど詳しい資料をご希望の方は福島県助産師会までご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。

子どもたちを守るための研修会 開催のお知らせ

すでに多数の皆様からお申し込みいただいておりますが、2月24日に上記の研修会が開催されます。

日時:2013年2月24日(日)10:00〜15:30
 場所:郡山ビックハート (郡山市字上亀田1−1)

 主な内容:
  1. 「母子健康手帳改訂のポイント」
    「子ども虐待の予防〜明日へのヒント」
    日本助産師会 保健指導部会長 渕元純子先生
  2. 「放射能不安から子どもたちを守るために」
    いちかわクリニック 市川陽子先生
  3. 「2ヶ月齢からのワクチン接種のために」
    財団法人大原綜合病院 小児科診療顧問 三島博先生
  4. 「子どもたちをVPDから守るために私たちができること」
    *ワークショップ

福島県内の母子保健従事者、周産期医療従事者、看護学生さんなど皆様お誘い合わせの上ご参加ください。
お申し込み締め切りは2月14日でしたが追加のお申し込み・お問い合わせは福島県助産師会までお願いいたします。

「あなたにもできる母乳育児支援」研修が行われました

10月27日と28日の2日間。日本母子ケア研究会会長・小山自然育児相談所の伊東厚子先生とビバマンマ・母乳と自然育児相談所の柳沢薫先生のお二人をお招きして、「あなたにもできる母乳育児支援」と題して研修が開催されました。

母乳育児支援は妊娠中から始まっているという講義に始まり、産褥早期や退院後、卒乳時のケア方法について、そして乳房トラブルについては実習も交えて学びました。

乳房ケアの際は乳房のみならず心身の状況や妊娠からの経過など全体を観ていく必要性や、 安楽な母乳ケアを実施していくにはどうしたらいいのかを生理学的根拠に基づいて理論的かつ分かりやすく説明していただくなど、大きな学びになりました。

子育て相談会なんでも相談会
子育て相談会なんでも相談会

BSケア研修会が行われました

9月1日、2日の二日間、母乳育児なんでも相談室・めぐみ助産院、BSケアプロジェクト主宰の寺田恵子先生を講師にお招きし、福島市杉妻会館を会場に研修会が開催されました。

初日はBSケアの基礎的な考えと手技を学び、2日目は応用編を学びました。

BSケアは赤ちゃんの吸てつに倣った、誰がやっても痛くない、良く出る、気持ちの良いケアです。痛みを伴わないケアという点で参加者の多くから驚きの声が聞かれました。

実技もひとりひとりチェックして頂くことができ、実りの多い研修となりました。是非各施設等で学んだケアを生かして頂きたいと思います。

なお、今回は定員オーバーで受講出来なかった会員もおりました。また是非BSケア研修会を開催できるように検討したいと思います。

第3回心のケア研修会を下記のように開催します

主催:社団法人日本助産師会 災害対策委員会
日時:平成24年2月18日(土)13:00〜16:00(12:30〜受付)
会場:コラッセふくしま(福島駅西口)5階小会議室
講師:中谷恭子先生(兵庫県立光風病院 臨床心理士)
参加費:無料

【 講師紹介 】

中谷恭子先生はご自身も阪神淡路大震災や淡路島の水害による被災経験をお持ちです。「兵庫県こころのケアチーム」の一員として、阪神淡路大震災や能登半島地震の被災地で被災者はもとより、支援者に対する心のケアに尽力されました。

現在は、日本助産師会災害対策委員とともに、岩手県・宮城県・福島県の助産師を対象とした心のケア研修会にも尽力されています。

一般社団法人福島県助産師会臨時総会のお知らせ

かねてより懸案となっていた、福島県支部の法人化について、法人化検討委員会が主体となって定款の作成など準備を進めてきました。その経過を報告すると共に、一般社団への移行手続きについて検討します。

会員の皆様には既に臨時総会の案内が届いているかと思いますので、是非ご出席いただきますよう、お願いいたします。なお、欠席の場合は委任状の送付をお願いいたします。

日時:平成24年1月29日(日)13:00〜
会場:南東北病院ナベホール
議題:一般社団法人福島県助産師会への移行について