ホーム > 活動報告 > 活動報告

活動報告

平成30年度 母子支援事業実施報告(2019/03/22)

平成30年度 2月までの実施報告です。

電話健康相談892件、母乳の放射能濃度検査申込み3件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問1252件、助産院における母乳育児支援1063件、産後宿泊ケア38組(のべ174日間、平均4.6日間)、産後日帰りケア52組(のべ75日間、平均1.4日間)、子育てサロン183回2363組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成30年度 母子支援事業実施報告(2019/01/22)

平成30年度 12月までの実施報告です。

電話健康相談736件、母乳の放射能濃度検査申込み3件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問1013件、助産院における母乳育児支援907件、産後宿泊ケア32組(のべ144日間、平均4.5日間)、産後日帰りケア46組(のべ66日間、平均1.4日間)、子育てサロン150回1993組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成30年度 母子支援事業実施報告(2018/12/21)

平成30年度 11月までの実施報告です。

電話健康相談662件、母乳の放射能濃度検査申込み3件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問898件、助産院における母乳育児支援818件、産後宿泊ケア26組(のべ124日間、平均4.8日間)、産後日帰りケア44組(のべ64日間、平均1.5日間)、子育てサロン132回1779組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成30年度 母子支援事業実施報告(2018/09/04)

平成30年度 7月までの実施報告です。

電話健康相談343件、母乳の放射能濃度検査申込み3件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問461件、助産院における母乳育児支援427件、産後宿泊ケア10組(のべ44日間、平均4.4日間)、産後日帰りケア22組(のべ26日間、平均1.2日間)、子育てサロン66回854組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成30年度 母子支援事業実施報告(2018/07/23)

平成30年度 6月までの実施報告です。

電話健康相談252件、母乳の放射能濃度検査申込み2件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問357件、助産院における母乳育児支援315件、産後宿泊ケア8組(のべ27日間、平均3.4日間)、産後日帰りケア18組(のべ20日間、平均1.1日間)、子育てサロン51回648組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

母子支援事業協力者向けの事前説明会を行いました(2018/05/25)

県の委託事業として、産前・産後の家庭訪問と助産所での母乳育児支援を行っていきます。今回は母子支援事業の協力助産師対象に事前の説明会を行いました。助産師が寄り添いながら平成30年度も引き続き、子育てを応援していきます。「ふくしまの赤ちゃん電話健康相談」窓口もありますので、子育ての悩み等ありましたらご相談下さい。

母子支援事業協力者向けの事前説明会
母子支援事業協力者向けの事前説明会
ふくしま助産所移転について(2018/05/08)

平成30年4月に「ふくしま助産所」が福島市黒岩から福島市渡利に移転しました。
ご利用される際はお間違いないようにお願いいたします。
詳細については、必要時にお問い合わせください。

*福島県助産師会事務所まで 024-573-0211

平成29年度 母子支援事業実施報告(2018/04/16)

平成29年度 4月〜3月までの実施報告です。

電話健康相談1522件、母乳の放射能濃度検査申込み4件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問1660件、助産院における母乳育児支援831件、産後宿泊ケア43組(のべ164日間、平均3.8日間)、産後日帰りケア87組(のべ98日間、平均1.1日間)、子育てサロン190回2532組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成29年度 母子支援事業実施報告(2018/03/09)

平成29年度 2月までの実施報告です。

電話健康相談1398件、母乳の放射能濃度検査申込み4件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問1570件、助産院における母乳育児支援783件、産後宿泊ケア39組(のべ146日間、平均3.7日間)、産後日帰りケア81組(のべ91日間、平均1.1日間)、子育てサロン175回2327組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成30年度 福島県助産師会主催研修会のご案内(2018/02/22)

「母体感染とリスクと対応について」

標記研修会を下記の通り開催いたします。

  • 日 時:平成30年4月14日(土)
  • 場 所:福島県立医科大学 8号館(看護学部棟) N301講義室
  • 内 容:「母体感染のリスクと対応について」
  • 講 師:福島県立医科大学 医学部 産婦人科学講座教授
         藤森 敬也 先生
  • 参加費:3,500円 (日本助産師会会員2,000円)

この研修は、CLoCMiP®レベルVの認証申請に必要な必須研修として承認されています。

*詳細は以下チラシをごらんください。

「母体感染とリスクと対応について」チラシ(pdfファイル)
 「母体感染とリスクと対応について」参加申込書(pdfファイル)

平成29年度 母子支援事業実施報告(2018/02/16)

平成29年度 1月までの実施報告です。

電話健康相談1274件、母乳の放射能濃度検査申込み4件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問1468件、助産院における母乳育児支援727件、産後宿泊ケア35組(のべ128日間、平均3.7日間)、産後日帰りケア75組(のべ84日間、平均1.1日間)、子育てサロン159回2103組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。

平成29年度 母子支援事業実施報告(2018/01/16)

平成29年度 12月までの実施報告です。

電話健康相談1124件、母乳の放射能濃度検査申込み4件(放射性セシウム134放射性セシウム137 すべて未検出)、妊婦及び母子訪問1330件、助産院における母乳育児支援660件、産後宿泊ケア32組(のべ117日間、平均3.7日間)、産後日帰りケア72組(のべ80日間、平均1.1日間)、子育てサロン143回1947組(自主開催等を含む)でした。

お問い合わせ・お申し込みは福島県助産師会事務所(フリーダイヤル 0120-80-2051)又は各地区担当助産師< 母子支援事業HP >までお願いいたします。


  過去の活動報告(2011年〜2017年)を見る